さつまいもの保存方法~夏は冷蔵庫か冷凍か?切ったときや土つきの場合

さつまいもが大好きなんですが、近所のスーパーではまとめ売りで何本入った袋ごと買うことが多く保存方法に悩みます。

通常イモ類は常温で台所の片隅に置いておくことが多いのですが、夏は室温が高くなる日が多くそれもどうかと…。

さつまいもの保存方法で夏の間はどうしたらよいか?を調べてみました。

さつまいもの保存方法~夏

さつまいもの保存方法って普通は常温だと思います。でも夏はここ数年猛暑日が多く、室内でも高温になってしまう日がありますよね。

夏以外なら室内の冷暗所(直射日光が当たらなくて、風通しが良い場所)に置けば問題ないのですが、さすがに夏はそうもいきません。

夏の猛暑日が続く時期はやはりさつまいもの保存方法としては冷蔵庫に入れておくのがベターです。

 

広告

さつまいもの保存方法~冷蔵庫

さつまいもは冷気と水気に弱いので、通常なら室温で保存するのが良いのですが、夏場は冷蔵庫に入れましょう!

ただし冷蔵庫への保存方法にはコツがいります。

 

それは、さつまいもをよく乾燥させて1本ずつ新聞紙にくるむこと。でも今の時代、新聞紙をとっている家庭も少なくなっているかもしれませんね。その場合はキッチンペーパーでくるみましょう。

これは冷気に弱いさつまいもを冷蔵庫の冷たさから守るためです。

 

さらにビニール袋や保存袋に入れるとさつまいもが乾燥するのを防ぐことができます。こちらは1本ずつ分けなくてもまとめて袋に入れて大丈夫です。

 

そしてさつまいもは野菜室に入れること。それは冷蔵庫の中でも野菜室が最も冷えすぎないからです。

 

たださつまいもを冷気や水気から守って冷蔵庫に入れれば何か月も保存できるというわけではありません。通常なら風通しの良い10°C~15°Cの場所での保存が最適なので、それより低い温度で密閉された冷蔵庫ではやはり傷みやすいんです。

なるべく早めに調理してさつまいもが新鮮なうちに使い切ってくださいね。

広告

さつまいもの保存方法~冷凍

さつまいもの保存方法には冷凍という手もあります。でも冷凍する場合は「調理してから」にしてくださいね。または調理の下ごしらえをしてから冷凍しましょう!

 

たとえば、さつまいもを輪切りやさいの目切りにして軽くレンジでチンしてから冷凍するとか、柔らかく茹でてつぶしペースト状にしてから冷凍するとか…です。

生のさつまいもを冷凍して保存しても解凍したときに新鮮さが失われてしまいます。

 

さつまいもを下ごしらえしてから冷凍すれば、解凍してそのまますぐに料理に使うことができ、味も全く問題ありません。

さつまいもを冷凍した場合も他の食品と同様、1ヶ月以内には使い切る方が無難です。

 

さつまいもの保存方法~切ったとき

さつまいもの保存方法ですでに切ったものについては、切り口からさらに傷みやすくなるので注意したいところです。切り口をラップできっちり密封し、早めに使い切りましょう。

 

細かく切ってしまったあとなら、水の中に浸して毎日水を替えながら保存し、2~3日で使い切るようにしましょう。

切り口から変色してくるので、切ったさつまいもの面がすべて水の中に浸るようにして保存してくださいね。

さつまいもの保存方法~土つき

さつまいもの保存方法でベストなのは土が付いたままの状態で保存することです。

さつまいもの収穫は9月~12月ですが、自分でさつまいもを収穫したり、人からもらったりした時は土が付いたままの場合も多いことと思います。

 

その場合は決して水洗いはせずに、土がついたままダンボールに入れて常温の冷暗所に保存しましょう。

さつまいもの状態や湿度・温度などの環境が適していれば2~3ヶ月保存することも可能です。

 

さつまいもは水気を嫌いますので、水に濡らさないようにということに特に気をつけて、床下収納や部屋の隅の直射日光が当たらないような場所に置くようにしてくださいね。

参考になったらシェアしてくださいね!